MENU
本校の概要
建学の理念 学校長挨拶 沿革 川崎学園ネットワーク 全国エリアでの生徒募集 施設紹介
教育内容
良医をめざす教育「ドクターロード」 メディカルスクール・アワー テーマスタディ 現代医学教育博物館・医師へのインタビュー 医科大学体験実習 医師としての自覚や人間性を育むプログラム ドクターロードを終えての生徒の感想 現役で医科大学、医師合格を目指す教育 教育課程 授業・指導方法 講演会 部活動
川崎医科大学への推薦入試制度
学校説明会
入試のご案内
受験までの流れ 専願入学試験 一般入学試験 一般入試プレテスト 生徒募集要項〔PDF〕 入試調査書ダウンロード 転入学試験 新型コロナウイルス感染症対策について
全寮制スクールライフ
全寮制の特色 一日の生活 年間行事 年間行事
卒業生の活躍
資料請求・お問い合わせ

親子で医師の道へ ファミリートーク

医の道をすすむ!親子トーク(学校案内2019掲載)

授業も寮生活も共にする同じ目標を持つ仲間たちとの絆。
(父)山田 剛さん(息子)山田 望さん

 望が医師をめざすと決めた時は嬉しかったよ。だから、僕自身が卒業した川崎医科大学附属高校を勧めたんだ。高校時代に受けた教育はもちろん、寮生活や部活動も、僕が医師になるにあたっての基礎となっているからね。特に寮生活は同じ道をめざす仲間との絆も深まるし、経験しておくべきだと思ったよ。

息子 お父さんの背中をずっと見ていたから、中学受験をきっかけに将来のことを考えた時に、医師をめざそうと思った。それに小さい頃からよくお父さんが附属高校の話をしてくれたから、進学を勧めてくれて、ぜひ行きたいと思ったんだ。

 中学生の頃は試験前に体調を崩すこともよくあったし、これまでお母さんがしていた身のまわりの世話を自分でできるのか、親としては少し心配もあったけれどね。

息子 初めての寮生活は不安もあったけれど、先輩や同学年の友人になんでも聞けるし大丈夫。医科大学の附属高校だから勉強ばかりするのかと思っていたけれど、バスケットボールや音楽も楽しんでいるよ。月曜から金曜まで夜間一斉学習があるから、勉強にも集中して取り組めるし。一人だと途中で気が緩んでしまいがちだけど、まわりのみんなが真剣に勉強しているから、僕も頑張らなきゃ、と気合いが入るんだ。毎日の学習習慣がきっちり身に着いたよ。

 寮では生活面の自己管理も必要になってくるから、メンタルも強くなってきたんじゃないかな。バスケットボール部の対外試合ではフルタイム出場したっていうから、体力も着実についてきているようだね。患者さんを診る医師にとって、体力があることは大切だ。入学してから全体的にレベルアップして成長したように感じるよ。

息子 ドクターロードという授業で、医大の先生が医師のあり方について話をされた時に、医師は人を救うことができる数少ない職業だということを再認識したんだ。人の命に関わる医師になるということは大変なことなんだ、と。これまで何気なく一緒に過ごしてきたお父さんが、そんな尊い職業についていると思うと、改めて尊敬の念が湧いてきて……。お父さんは病院が休日でも、患者さんの調子が悪くなるとすぐに駆けつけて、いつも患者さんを最優先に考えていたから。地域の皆さんに信頼されている姿をかっこいいと思っていた。お父さんを見ていると自分の職業に誇りを持っていることがすごくよく分かる。だから、自分もお父さんのように誇りを持って医療に携わる医師になりたい。

 医療現場では、特に人と人との信頼関係は大切なんだ。望にも、相手を思いやる気持ちを大切に、常に患者さんの立場になって考えられる医師になってほしい。うちは先祖代々医師の家系で望が15代目だ。できればこの医院の後を継いで地域医療に貢献してほしいと思っているよ。

息子 何科の医師になりたいのかはまだ考えていないけれど、ただ病気を診断して治すだけではなく、親身になって患者さんの気持ちを理解できる人間味にあふれた医師になりたい。これはきっと、お父さんの影響だね。

みんなが真剣。仲間がいるから頑張れる。

  • (父)山田 剛さん:川崎医科大学卒業。川崎医科大学附属病院などで勤務し、神戸大学で博士(医学)取得。現在は医療法人社団山田内科を経営。
  • (息子)山田 望さん:川崎医科大学附属高校3年。兵庫県出身。学校では生徒会副会長を務め、バスケットボールと音楽クラブに所属。

>>> このページのPDFはこちら


 

Pagetop