MENU
本校の概要
建学の理念 学校長挨拶 沿革 川崎学園ネットワーク 全国エリアでの生徒募集 施設紹介
教育内容
良医をめざす教育「ドクターロード」 メディカルスクール・アワー テーマスタディ 現代医学教育博物館・医師へのインタビュー 医科大学体験実習 医師としての自覚や人間性を育むプログラム ドクターロードを終えての生徒の感想 現役で医科大学、医師合格を目指す教育 教育課程 授業・指導方法 講演会 部活動
川崎医科大学への推薦入試制度
学校説明会
入試のご案内
受験までの流れ 専願入学試験 一般入学試験 一般入試プレテスト 生徒募集要項〔PDF〕 入試調査書ダウンロード 転入学試験 新型コロナウイルス感染症対策について
全寮制スクールライフ
全寮制の特色 一日の生活 年間行事 年間行事
卒業生の活躍
資料請求・お問い合わせ

親子で医師の道へ ファミリートーク

医の道をすすむ!親子トーク(学校案内2018掲載)

少人数の学校&寮生活で、一致団結。教え合い、励まし合って、互いに成長しています。
(父)嶋田高明さん(息子)嶋田大雅さん

息子 お父さんの医師という仕事を引き継ぐのもいい夢。そういう風に思い始めたのは中学の時。でも、生半可な力量ではなれないと悩んでいたら、川崎医科大学附属高校を勧めてくれたんだ。

 なかなか目標が定まらず、集中できていなかったみたいだから、目に見える具体的な目標があればと思ってね。それからずいぶんがんばったよね。

息子 あの頃は、失敗したら取り替えしがつかないと思っていたんだ。子どもの時から、お父さんと地域の患者さんの信頼関係を見てきて、僕もそういう医師になりたいという気持ちになっていたから。

 病院を継いでもいいよと言ってくれた時は、すごく嬉しかったし、頼もしいと思ったよ。

息子 まだ大学に入ってもいないから、自分の興味のある方向に行くかもしれないけど。

 もちろん、いろんなことを勉強してからだね。ところで、家にいた時は身の回りのことも何もしていなかったけど、寮生活はどう?

息子 家ではお母さんが全部やってくれていたけど、寮では自分でやらないと誰もやってくれないから、基本的な生活習慣は身に付いたと。

 寮生活のおかげで、人間力もちゃんと成長しているみたいだね。生徒数がすごく少ないから、先生や友達との距離は近いのかな?

息子 友達は入学当初から一致団結していて楽しいし、勉強を教え合ったり、励まし合ったりしてる。それに、試験中とかみんなの部屋の電気が点いているのを見ると、眠たくてももう少しがんばってみようという気持ちになる。先生との距離も近くて、すごく話しやすいんだ。こういう部分は、この学校のいいところのひとつだと思う。

 今年は3年生だけど、授業の方はどうだい?

息子 ドクターロードという授業がすごく印象に残っている。中でも、衝撃を受けたのが、現代医学教育博物館の医療関係者向けフロアの見学。ここに何人の命があるんだろうと思って、命への畏敬の念と医学の重さを痛感したんだ。もうひとつは旭川荘での研修。すべての人に同じ権利があって、すべての人が平等だということを学ぶと、それまで以上に患者さんへの配慮がとても重要だと考えるようになった。

 そうだね、患者さんの気持ちに共感することが一番大事。疾患を診るだけでなく、その背景までみることで、本当に心を開いてくれるし、そうすると診療も非常にスムーズになる。

息子 細やかな配慮を大切にして、怖い顔ではなく、明るい表情で、安心してもらえる医師になりたい。

 大雅は子どもの頃から優しかったから、患者さんの気持ちに共感して、地域に根ざしていけばきっと大丈夫。

息子 その前に、医科大学への進学、その先の医師国家試験という長い道のりが待っているけどね。

 芯の強さと柔軟性で、トライしていくことを期待しているよ。

研修や見学を通して、命と医学の重さを痛感。

  • (父)嶋田高明さん:徳島大学医学部卒業。同大附属病院などを経て、現在は故郷で医療法人社団嶋田耳鼻咽頭科医院を経営。
  • (息子)嶋田大雅さん:川崎医科大学附属高校3年。香川県出身。部活はバドミントン部に所属。趣味は釣り。

>>> このページのPDFはこちら


 

Pagetop