MENU
本校の概要
建学の理念 学校長挨拶 沿革 川崎学園ネットワーク 全国エリアでの生徒募集 施設紹介
教育内容
良医をめざす教育「ドクターロード」 メディカルスクール・アワー テーマスタディ 現代医学教育博物館・医師へのインタビュー 医科大学体験実習 医師としての自覚や人間性を育むプログラム ドクターロードを終えての生徒の感想 現役で医科大学、医師合格を目指す教育 教育課程 授業・指導方法 講演会 部活動
川崎医科大学への推薦入試制度
学校説明会
入試のご案内
受験までの流れ 専願入学試験 一般入学試験 一般入試プレテスト 生徒募集要項〔PDF〕 入試調査書ダウンロード 転入学試験 新型コロナウイルス感染症対策について
全寮制スクールライフ
全寮制の特色 一日の生活 年間行事 年間行事
卒業生の活躍
資料請求・お問い合わせ

親子で医師の道へ ファミリートーク

医の道をすすむ!親子トーク(学校案内2016掲載)

この高校に入って一番良かったのは、同じ目標を持つ友達が全国にできたこと。
(父)吉田卓夫さん(母)吉田まどかさん(娘)吉田好花さん

 「医師になれ」とは一度も言ってないのに、好花から「医師になりたい」と言われたときはびっくりした。しかも、お父さんの母校に入りたいなんて、全く予想していなかったよ。

 高校時代のことをよく話してくれていたから。岡山という土地や寮生活にも興味がわいて、医師をめざすならこの高校に入りたいと思ったの。大学に進めば、お母さんの後輩にもなれるし。

 小さい頃からピアノとバスケに夢中で、将来は自分の好きな道に進んでくれたらと思っていたけれど、小学校の「2分の1成人式」でスポーツドクターになりたいという夢を発表したよね。

 「自分も医師をめざすのかな」と漠然とは思っていたけれど、東日本大震災の影響も大きいかな。ニュースで医師不足が話題になっていて、「だったら、私がなろう」と思ったんだよね。

 高校に入って最初の印象はどうだった?中学までは地元の公立だったので、雰囲気がかなり違ったと思うけど。

 そうだね。生徒数は少ないけれど、みんな個性的で目標をしっかり持っているので、「自分も負けられない」という気持ちが強くなり、逆にホームシックになる余裕がなくて良かったかも。

 私が心配だったのは、寮生活のこと。これまで掃除や選択などの家事をあまり手伝わせてこなかったから。

 自分でも不安だったけれど、何とかなるものだね。寮には指導してくれる先生もいるし、今は大丈夫。自立できているよ。

 この高校に入って良かったのは、どんなこと?

 一番良かったのは、同じ目標を持つ友達が全国にできたことかな。地元の高校では絶対経験できないことだと思う。勉強は大変だけれど、面白い先生が多くて、大好きなバスケやピアノも続けていけるし、毎日が充実していて本当に楽しいよ。

 この学校にはドクターロードという授業もあるけれど、「こんな医師になりたい」というイメージが少しずつできてきた?

 具体的にはこれからだけれど、どの専門分野に進んでも信頼される医師をめざしていきたいとは考えているよ。

 一度「お父さんの病院を継ごうかな」と言ってくれたことがあったけれど、大学でいろいろ学んだ中で、最も興味を持った分野に進むのが一番だからね。ゆっくり考えていけばいいよ。

 私は卒業後すぐに研究分野へ進んだので、好花にはいろいろな分やの臨床を経験し、できるだけ幅広く活躍できる医師になってほしいね。子どものころの夢だったスポーツドクターとか。

 そのためには、まず医科大学に進まないとね。

※ 小学校で行われた、10歳時(成人の半分の年齢時)に将来の夢を語るイベント。

ひたむきな想い。ここで学ぶ未来のドクター。

  • (父)吉田卓夫さん:川崎医科大学附属高校、川崎医科大学卒業。専門は精神科で、仙台市内で医療法人を経営。
  • (母)吉田まどかさん:川崎医科大学卒業。専門は眼科。東北大学附属病院を経て、現在は宮城県と福島県の病院に勤務。
  • (娘)吉田好花さん:川崎医科大学附属高校3年。仙台市出身。バスケットボールと音楽クラブに所属。

>>> このページのPDFはこちら


 

Pagetop