各教科担当よりアドバイス 国語

現代文が中心です。論説文ではまず論旨の展開を追い、筆者が何を言おうとしているのかを把握することが大切です。学校の勉強に加え、問題集などで一定時間内に文章の主旨をつかむ練習をしておきましょう。小説文では作品の背景を理解し、その上で人物の心情を把握することが大切です。自己のフィーリングではなく、人物の言葉や行動が表れている部分などから解答を考えるようにしましょう。主に記述形式なので、日頃から書く習慣をつけておいて下さい。古典は教科書の内容を確実に習得し、また、口語文法や漢字についてもおろそかにしないようにして下さい。